ホームホームケア > 腰に負担のかからない立ち方

印刷用PDF 1.26MB

腰に負担のかからない立ち方

 

 

長時間、椅子などに腰かけていると、腸腰筋が縮んだままになり、腰が丸くなってしまいます。 そのような方は、腰を守ろうとするあまり反対に腰に負担をかけていることが多いようです。

 

腰に負担をかける典型的な立ち方は、膝に手を置いて、体重をかけて立ち上がろうとすることです。

 

下の図をご覧頂くと分かると思いますが、この立ち方ですと、椅子から身体が離れる時に腰や膝に一番負担のかかる姿勢になってしまいます。

 

腰に負担のかかる立ち方

 

 

では、どうすれば一番負担がかからずに椅子から立てるでしょうか?

 

腰に負担のかからない立ち方

 

まず、丸くなってしまった背筋を痛くない範囲でゆっくり伸ばします。伸びにくいときは、深呼吸をしながら伸ばしてみて下さい。深呼吸(腹式呼吸)は腸腰筋を伸ばす効果があります。

 

次に、椅子に深く腰掛けていた場合、身体を前方にずらして浅く座って下さい。

 

そして、爪先を膝より身体よりに引いて下さい。その姿勢から 頭が上に伸びていくイメージで立ってください。

 

お尻が後ろに突き出さないように真っ直ぐ立つようにしてください。

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

当院へのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。


0120-371374

TEl.04-7163-5661

施術料金:

初回 5,000円
2回目以降 4,000円
治療時間の目安 約30分
※症状、治療内容によって変わります。

完全予約制

 

診療時間:

午前 8:30~13:00
午後 15:00~19:00

休診日:

日曜の午後、水曜

 
午前
午後

 

休診カレンダー