前日、「腰への負担を減らす」を投稿したところ
「私は腸腰筋が硬いようです。立って出来る腸腰筋のストレッチはありませんか?」
というご要望をいただきました。

ご要望にお応えして 立って行う腸腰筋ストレッチ をご紹介します。

1. 両脚をゆったりと大きく前後に開きます。

2. 両脚に均等に体重がかかるようにバランスをとります。

3. 後ろに引いた足の爪先を内側に向けます。

%e7%ab%8b%e4%bd%8d%e8%85%b8%e8%85%b0%e7%ad%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%8101

4. 後ろに引いた脚と同じ側の手を上へ向けて伸び上がります。

5. 掌で天井を押しながら骨盤と肋骨の間を広げるようにします。

6. この姿勢で15秒ほど静止します。
より効果を高める場合は、この姿勢を保って数回深呼吸をします。

%e7%ab%8b%e4%bd%8d%e8%85%b8%e8%85%b0%e7%ad%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%8102

7. 片側がストレッチしたのちに逆側も 1 ~ 6 を行います。

※伸ばしている逆側の腰や腿の付け根に痛みを感じる場合は伸ばす力が強すぎるので伸ばす力を調節してください。
それでも痛みを感じる場合は中止します。

腸腰筋ストレッチは腰痛予防だけでなく、姿勢の改善やこの付近のリンパの流れを良くします。
是非、お試しください。