よく患者さんに「私の身体、歪んでますか?」と聞かれます。

どなたも自分の身体を歪めようとはしていないと思います。

私たちは、仕事や普段よくする姿勢が癖になってしまいます。
フォームが安定して作業効率が上がる反面、よく使う部位に疲労が蓄積しやすくなります。
よく使う部位とそうでない部位とのバランスを崩した状態が身体の歪みとなって現れます。

つまり、自分の真っ直ぐな姿勢という感覚と実際の真っ直ぐな姿勢のギャップが身体の歪みという訳です。

疲労が蓄積しても自身の筋肉の弾力性の許容範囲内ならば、自覚症状は現れません。
自覚症状が現れた時は、自分の筋肉の弾力性が許容範囲を超えてしまっているのです。

こまめに筋肉の疲労をリセットすることが、身体のトラブル防止になります。

参考:姿勢のセルフチェック