頸部のストレッチ

『姿勢のセルフチェック』の項でお話ししたように立ったときに横からチェックすると

1.耳
2.肩
3.股関節
4.くるぶし

が一直線上にあるのが、真っ直ぐな姿勢です。

しかし、治療室で患者さんの姿勢をチェックすると、肩の位置よりも耳の位置が前になってしまっている方がとても多くいらっしゃいます。

家事労働では、炊事、掃除など下向きの仕事が多いですし、職場でのデスクワークや学校での座学に携帯電話、スマートフォンの普及で下向きの作業がとても多くなっていることがおおきな理由だと推測されます。

このように頚を前に傾ける姿勢を長く続けることによって、頚の前側の筋肉(胸鎖乳突筋、前斜角筋など)が硬くなってしまいます。 頚の前側の筋肉の柔軟性がなくなると頭を起こすときに頚の後側の筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋など)を余分に使うことになり、頚や背中のコリや痛みの原因にもなります。

ここでは、簡単な頚のストレッチで姿勢を改善する方法をご紹介します。

頸部のストレッチ

①仰向けに寝ます。

②左右どちらでもかまいませんから横を向きます。
 このとき、痛みなどのない範囲でかまいません。
 向いた側の逆の肩甲骨が布団や床から離れない程度で結構です。

③全身をリラックスさせてその姿勢を15~20秒保ってください。
 もちろん、呼吸は普通にしていてください。

④頚を戻して、真上を向きます。

⑤全身をリラックスさせてその姿勢を15~20秒保ってください。
 もちろん、呼吸は普通にしていてください。

補足と注意点

・1方向1セットでも効果がありますが、両方向2セット程度行なうとより効果的です。

・寝具に横になる朝晩 、1ヶ月以上行なうと効果が持続します。

・痛みを感じたら中止してください。

・伸ばし過ぎは逆効果です
 物足りないくらいがちょうどいいです。

患者さんの実例

治療室で患者さんが頚のストレッチする前と1方向1セットした後の写真です。

効果がお解りいただけるのではないでしょうか?

印刷用PDFファイル


コメント

タイトルとURLをコピーしました